薬剤師 新卒採用 研修制度

東海地区で早期から調剤薬局をチェーン展開したスギヤマ薬品には、薬剤師を育成してきた長い歴史があります。
そうした歴史の中から生まれた教育体制は、実践的で質の高い内容になっています。
研修の基本スタイルは「実践・体験型」です。長い歴史の中、現場で培ってきた先輩方の経験を研修の中に取り入れ、効率よく学び、「自ら考え行動のできる社員」の育成を目指しています。
スギヤマ薬品には、模擬調剤室、パソコンルーム、講義室、OTC研修ルームなどを備えた研修センターがあり、新入社員研修後もレベルにあわせた薬剤師研修が続いていきます。

新人薬剤師研修

新規で薬剤師免許を取得した薬剤師は、新人薬剤師研修を行います。
薬学部6年制カリキュラムの中で長期実務実習を経験した薬剤師であり、即戦力として期待されるところですが、スギヤマ薬品では入社後一度過去の経験は白紙に戻し、研修を開始します。学生時代の経験は様々であり、習得度も一人ひとり異なります。薬剤師が患者様ごとに適切なアドバイスをするように、新人研修でも個別に指導ができるよう配慮しています。
具体的には、研修センターでの技術研修(調剤、調剤監査、服薬指導、OTC医薬品、漢方薬、レセプトコンピュータ入力)、指定店舗におけるOJT研修(調剤補助、OTC販売)、実地研修を経て本配属となります。

店舗配属後の薬剤師研修

新人フォローアップ研修

新人薬剤師は、配属後1年間定期的に研修センターでのフォローアップ研修を行います。この研修では、季節毎のOTC医薬品勉強会や専門知識をもつ社内講師による疾病勉強会などがあります。配属先での経験を持ち寄り、知識と結びつけていく大切な研修です。

エリア別勉強会

隣接する店舗の薬剤師が集まり開催する勉強会です。各地区で話題の医薬品や疾病、大人数での勉強会では学習効果が期待できないテーマなどを取り上げ、教育担当者やメーカー担当者、時には店舗薬剤師が講師となり実施されます。身近な疑問がテーマとなり、質問しやすい環境で実施できることがメリットです。

年次別集合研修

入社年度毎にフォローアップ研修を行います。
年次別研修は、専門知識のブラッシュアップや最新知識の習得を目的とし実施されます。そのほかにも、社員間のコミュニケーションを良好にするためのコミュニケーション研修、モチベーションを高めるためのキャリアを考える研修なども行っています。

在宅・介護研修

店頭で介護用品を扱っているため介護に関する知識は必須です。おむつや介護食品などについて、メーカー主催の勉強会などを定期的に実施しています。
また、在宅業務研修では、在宅推進部スタッフに同行し、在宅介護現場での多職種との連携(チーム医療)や、薬剤師によるフィジカルアセスメントについて学ぶ研修も実施しています。
もちろん、希望があれば担当患者様を持ち、在宅介護現場で活躍することも可能です。

その他研修

ソーシャルスタイル研修、リーダー研修、管理職登用セミナーなどを行っています。
社内研究発表会の開催や学会への参加なども社員研修の1つとして実施し、プレゼンテーション能力の開発や専門知識の共有などを行っています。

その他教育関連

スギヤマ薬品は、公益財団法人日本薬剤師研修センターの実施する「認定薬剤師の取得」を推奨しています。

  • NCP(名古屋臨床薬剤師研究会)セミナー

薬学部長期実務実習の受入を積極的に行い薬学教育にも力を注いでいます。

薬剤師 新卒採用